介護保険情報(高齢化社会に向けての取り組み)

平成30年4月1日より、介護予防・日常生活支援総合事業が新しく市区町村単位の事業として始まります。
今までの介護認定「要介護1・2・3・4・5」「要支援1・2」の7段階のうち、介護度の軽い「要支援1・2」が、国の制度から市区町村の制度へと完全移行されます。
この制度移行により、介護度の軽い方への訪問介護・デイサービスの利用に関して、多くの制限がかかり、今後は益々、保険が使えない高齢者さんが増え続けていきます。


大津市 介護保険外サービス ケアステーション湖畔  所長